【無我夢中で自転車をこぐ彼と気の抜けたコーラ】

船乗りの主張は曲がらない
TOP PAGE >

ぽかぽかした土曜の夜明けにお菓子作り

買いととのえた縫物用の布で、幼稚園に通い始める子供の園からの指定の袋を作らなくてはいけない。
私の家内が裁縫するのだけれど、俺も絶対やだというわけではないので、手間取っているようだったら助っ人に入ろうと思う。
必要なものを入れる手製の袋が園に通うのに必要らしい。
ミシンもやっと受け取った。
使用感も感じてみようと考えている。

夢中で熱弁する友達とファミレス
私は、アパートで個人的に出来るような仕事して、稀にお声がかかると外に仕事に出る。
その何回かだけど、めちゃくちゃめんどく思えて仕方ない。
この際辞めてしまおうなど。
参加すればやる気になるけれど、大勢の人に囲まれて、団体で業務をこなすのは気疲れする。
そう友達に話すと、言いたいことは分からなくない、と言って、豪快に笑っていた。

天気の良い仏滅の夕暮れに食事を

「夕食はカレーよ。」
少年はお母さんのその言葉を耳にして、無意識に顔をほころばせた。
少年は小学校から帰宅して、扇風機にあたりながらダラダラとテレビを見ているところだった。
今日は格別に西日が強い。
網戸の窓では風鈴がときどき鳴っていた。
テレビのアニメチャンネルでは、昔のなつかしアニメを再放送していた。
今日の放送は「一休さん」だった。
こんなにも頭が良い少年が今いたら、テストなんてちょちょいのちょいなんだろうな、と少年は感心していた。
しかし、キッチンからカレーの香りがリビングまで漂ってきたとき、少年はアニメのことなんて考えてはいなかった。

天気の良い金曜の夕方に散歩を
今朝の新聞に、日本女性の眉毛のデザインに関して、興味をそそる記事が記載されていた。
理由を知ると、いきなり色っぽくも感じてくるので面白い。
見るだけでは、奇抜すぎるように感じる場合もあるが、当時は結婚している女性の証だという。
意味を知ると、いきなり色っぽさも感じられるので面白い。

雲の無い祝日の早朝は足を伸ばして

昔よりNHKを視聴することがとっても多くなった。
昔は、母親や祖母が視聴していたら、NHK以外の映像が視聴したいのに思っていたが、近頃は、NHKが嫌ではない。
おもしろい番組がとっても少ないと考えていたのだけれど、ここ最近は、かたくないものも以外と多いと思う。
それに加え、バラエティ以外の内容のものも好んで見るようになった。
それに加え、暴力的でないものや息子に悪影響がたいそう少ない番組がNHKは多いので、子供がいる今は見やすい。
民放では、アンパンマンですらとっても暴力的だと思える。
いつもぼこぼこにして解決だから、私の子供も笑いながら殴るようになってしまった。

一生懸命熱弁する彼と草原
いつかの夜中、私は当時付き合っていた恋人と、横浜から高速道路を使って、逗子海岸に行ってみた。
目的は、大好きなデジタル一眼で夜景を撮るためだったが、思うように映らない。
砂浜は久しぶりだったこともあり、しだいにサンダルを脱いで海に入りはじめた。
それにも飽きて、砂浜で棒崩しをしはじめた。
そこ位までは、たぶん近くにあった白の一眼。
じゅうぶん過ごして、帰路の途中、GSで一眼レフがケースにない事に気付いた。
あきらめて部屋まで帰るも、少しの間、すごく残念な思いをしたのを覚えている。
数百枚の写真が入った大好きなデジタル一眼、今はどの場所にあるんだろう?

陽気に大声を出す弟とあられ雲

身体検査は、毎回どこか引っかかる。
心音だったり、血液の数値だったり、尿だったり。
胃のレントゲンをバリウムを飲んで受けてみて、診断結果を受け取ると、胃がんの疑念があり、大至急、胃の再検査を表に記載の病院にて受けてください。
と書き記してあったのには、あせった。
あせったというより、むしろ怖かった。
すぐに評判の良い病院に再検査に行ったら、ただの胃炎だった。
胃はかねがねきりきりとしていたので、検診に引っ掛かったのはわかるが、文字で自分の名前とがんの疑わしさが存在すると記載してあったら不安だった。

目を閉じて自転車をこぐ友達と夕焼け
仕事のために何着か少しだけスーツに合うシャツを持っているけれど、いつも決める時にかなり着てみる。
それくらい、シャツにこだわってしまうのも変わっているかと思っていた。
そんなときに、営業先で、Yシャツはオーダーでと言っていた方がいたので、非常にびっくりした。
けれど、ワイシャツひとつでかっこよく見えるし、悪くないかも、と感じた。

雨が降る土曜の朝にゆっくりと

たいそう甘い食べ物が好きで、甘いおやつなどをつくります。
普通に手で頑張って混ぜて、オーブンで焼いて作成していたけれど、最近、ホームベーカリーで焼いてみた、とっても手軽でした。
こどもにも食べさせるので、ニンジンを混ぜたり、リンゴを混ぜたり、栄養が摂取できるようにも気を付けている。
砂糖が少量でもニンジンや野菜の甘さがあるから、喜んで食べてくれます。
最近は、スイーツ男子なんて言葉もメディアであるから変ではないのだけども、高校の頃は、お菓子を自分で作っているいるといったら不思議に思われることが多かったです。
最近は、そういう男の子が増えたよねと言われてそれも寂しい。

自信を持って話すあなたと花粉症
遠くの生家で暮らす自分の母親も大好きな孫のためだといって、すごく多く手作りのものを仕立てて届けてくれている。
ミッフィーが非常に気にいっているのだと話したら、そのキャラクターの生地で、裁縫してくれたが、仕立てるために必要な布の思ったより非常に高くて驚いていた。
縫物の為の生地は縦、横、上下のキャラクターの方向があるので気をつけなくてはならないらしい。
だけど、しかし、豊富に、裁縫してくれて、届けてくれた。
孫娘はたいそう愛らしいのだろう。

サイト内コンテンツ

ただいまの時刻


サイト内コンテンツ


ねえみんな、「おかゆ」のことを考えてみないかい?それほど難しい疑問は無いと思うんだよ、「幻」に関してはね。

Copyright (C) 2015 船乗りの主張は曲がらない All Rights Reserved.

ページの先頭へ