【気どりながら話す父さんと突風】

船乗りの主張は曲がらない
TOP PAGE >

余裕で泳ぐ父さんと夕焼け

江國香織のストーリーに出てくる女性は、陰と陽を持ち合わせていると思う。
旦那さん以外との恋愛をそこまで責めない。
恋だと思わせつつ、心底愛しているのは旦那様だけのただ一人。
という女性がよく登場するような気がしませんか。
不倫を陰だとすれば、結婚生活は陽。
ふとした瞬間に別人が入ったように陰が登場する。
不倫に対する考えは置いておいて、その物語の女の人をしっかりみつめる。
自分の中に新しい恋や見かたが姿を見せることもありえる。

気持ち良さそうに話す友達と冷めた夕飯
富士には月見草がよく似合うとの名言を残したのは文豪の太宰だ。
彼は、バスに乗り、御坂を越えて、現在の甲府まで向かうところだった。
同じバスでたまたま一緒になったお婆さんが「月見草」と独り言を言う。
そこで、振り向いた彼の目に入ったのが月見草、同時に名峰富士である。
富岳百景の一部のこの話は、日本一の名山を説明するときに欠かせないと思う。
多くの芸術に登場する、3776mの名山だ。
どの方面から見ても同じように、綺麗な形をしているために、八面玲瓏と言うワードがぴったりだと言われる。
間違いないと思う。
私が特に好きなのは、春の季節の名山、富士山だ。

ひんやりした土曜の夜はひっそりと

絵画や写真など芸術観賞が大好きで、デッサンも苦手ではないのに、撮影がとても下手だ。
しかし、前、一丁前に、一眼を重宝していた時期もあって、どこに行くにも持ち歩いたりした。
あまりにも視点が合わないし、おかしな配置なので、レフがガッカリしているようだった。
だけど、レンズや写真の加工は凄くクールだと思っている!

雨が上がった平日の午後に冷酒を
毎年、梅雨の時期がなぜか好きだ。
部屋はじめじめしているし、出かければ雨に濡れるけど。
その訳は、小さいときに、梅雨に見られるアジサイがきれいで、それからアジサイが咲くのを楽しみにしている。
出島で知り合い付き合い始めた、シーボルトとお瀧さんの紫陽を見ながらのデート秘話を耳にしたことがあるだろうか。
オランダ人に紛れて男の子ドイツ人のシーボルトが、紫陽花を見ながら「お瀧さんにそっくりな花だ」と言う。
この時期にけなげに咲くアジサイを目にして何回も、お瀧さん、お瀧さんと口走った。
それが変化して、この花はおた草と別名を持つようになったらしい。

熱中して大声を出す彼と夕立

学生時代、両親は、娘の私の対人関係に対し大いに積極性を求めてきた。
一般的から離れてはいけない、など。
凄く生きにくい時期だったと考える。
授業時間が終わると、毎回作り話をハキハキと両親に話す。
そうすれば、安心しているのだ。
周囲と目立つと、変わり者。
常にこれだけ怖がっていた学生時代の私と母。
可哀そうな昔だと感じる。

無我夢中で叫ぶ妹と枯れた森
2ヶ月前まで全然存在を知らなかったが、プール用オムツというものがある。
都市部では、そのオムツ着用で入れる所と入らせてくれない所があり、場所によって違うらしい。
疑い無く、赤の他人からは、もれないオムツでも大便などしているオムツで同じところに入られたら、気持ち悪いだろう。
しかれども、親としては、入れてあげたいと思うし。
だけど、立場が逆だとしたら大変不快だ。

ゆったりとダンスする君と飛行機雲

このごろ、バラエティで、マックチキンの食感を再現するレシピといって紹介していました。
とっても似ていそうだと考えて、妻に作ってもらいましたが、マクドナルドのチキンナゲットの味では絶対にないけれどおいしかったです。
なんというか衣がわずかに固かったのだけれど、中身は、チキンといえばチキンなので、自分くらいの味覚では、ほんの少しの違いは何とも思わずめちゃめちゃおいしかったです。

夢中で歌う友達とアスファルトの匂い
夏休みも2週間くらい過ぎた頃の夕暮れ時。
「カンケリ」で鬼役をしている少年は、とんでもなくお腹がペコペコだった。
捕まえても捕まえても、缶をけられて捕虜が逃げるので、もはや本日の缶蹴りは終わりが見えない、とガックリきていた。
クタクタにつかれて家に帰ると、ドアを開けた瞬間に今日の夕飯が分かった。
とても美味しそうなカレーの匂いに、少年は笑顔になった。

暑い日曜の晩はカクテルを

今季は、海に行っていないが、時間があればとても行きたい。
今、ひとり娘が小さいので、泳がせないでちょっと遊ぶぐらいなのだけれど、思うに笑ってくれるだろう。
けれども、娘は、オムツをはいているゆえに、海水客の事を考えたら海水に入れない方がいいかもしれない。
それ用のオムツもあることはあるが、嫌な人もいて問題に発展しているらしいので。

怒ってお喋りするあの子と公園の噴水
社内で親しくなった女性がいる。
ちょっと風変わりなイメージで、彼女の話はいつも面白かった。
おまけに彼女は資格マニアだということ。
保育士の資格、潜水士の資格、インテリアコーディネイター。
トイック800点、漢字検定準1級、そして、元CAさん。
公認会計士までパスしていると聞いたような。
さすがに公認会計士の件を母に話してみたところ、あなたの聞き間違いじゃないかと思う、と言われたけれど。
彼女は、かなり年上の上司と職場結婚で退職していった。

サイト内コンテンツ

ただいまの時刻


サイト内コンテンツ


みんなで「ハイボール」に関して考えてみようよ。それほど難しく考える疑問は無いと思うんだよ、「パスタ」のことって。

Copyright (C) 2015 船乗りの主張は曲がらない All Rights Reserved.

ページの先頭へ